本当に、実績がないと発信できないのか?



こんにちは、ヒカリです。


今回はブログ発信の悩み
トップ3位には入る
「実績」について
話していきたいと思います。



ブログを立ち上げて
情報発信をしていく上で
初心者の人が最も気にするのが、


「自分には実績がないから
 発信できることがないです。」


という悩みです。



はい、この悩み、
めちゃくちゃ多いです。


あとで話しますが、
わたしもかなり悩まされました。笑



けど、結論から言うと、
実績は関係ありません。



断言します。



実績を気にしているうちは
思考が停止している状態なので、
収益が出せません。



言い換えれば、

思考を変えれば
実績なんて気にしないで
どんどん収益を生み出していけます。



ということで
今回の記事では、


「自分には実績がないから
 発信できることがありません。」


という悩みを解決していきます。



では、いってみよう。



本当に、実績がないと発信できないのか?



昔のわたしは情報発信をするのには
たくさんの経験をしたり、
いろんな人と会って話したりして、
とにかく実績がないと
ブログに書けないと思っていました。



けど、何回自己分析をしたところで
わたしには実績が
まったく見当たりませんでした。笑

今まで取ったことのある資格は
自動車運転免許だけだし、


世界一周したみたいな
人に自慢できる経験もない、


何なら趣味もないので
語れることがまじでない。


「あー、わたしって、なんてつまらない人間なんだ。」


「実績がある人は発信できることが
 たくさんあっていいなー。」


「あー、、、実績あればなあ。。。」


と過去のわたしは
自分の実績を気にしまくる
実績病でした。



けど、
本当に実績がないと発信できないのか?

というと、


答えはNOです。



世の中には実績がなくても
商売を上手くまわしている人たちが
たくさんいます。



たとえば、
東大受験合格のために生徒に
勉強法を教えている塾講師。


では、この人たちが
全員東大に合格しているか?
というと、そうじゃないですよね。


なんなら、塾講師は、
教員免許がないのに
生徒に勉強を教えています。



他にも、
フェラーリの車を売るディーラの人が、
全員フェラーリを持っているかというと
そうじゃないです。


フェラーリに乗ったことさえない人も
堂々と車を売っています。


この人たちには実績がありません。



じゃあ、なぜ実績もないのに
商売を上手くまわせるかというと、
「知識」を入れているからです。


塾講師は東大に合格するまでの
勉強法を知っているから
生徒に教えられるのであって、


フェラーリを売るディーラーは、
フェラーリの車の商品知識があるから
車を売ることができます。



実績がないのであれば、
学んでいけば良いだけであって、


知識を入れれば発信できる
ネタなんてたくさんあるのです。



インターネットビジネスで考えても、


女性向けの脱毛系の発信を
実は男性がやっていたり、


恋愛のナンパ系商材を
女性が売っているなんてことも
よくある話なのです。


けど、この人たちもみんな、
お客さんの悩みを解決できるために
知識を入れまくっています。



男性で女性向けの
脱毛系発信をしている人は、


女性が普段から何に悩んでいて、
脱毛することでどんな効果があって、
どんな理想の未来があるのか?


こういったところを
ちゃんと研究しているからこそ、
有益な発信ができるのです。



他にも実績がない例で言うと、

わたしの女性ビジネス仲間で
ニキビ系の発信をしている人がいます。


この人は皮膚科で働いているわけでもなく、
ニキビを治す専門家でもないですが、

ニキビを治す情報発信をしています。



けど、ニキビ系の発信をはじめて
まだ半年も経っていないですが、
20万くらい稼いでいます。


この人の場合も、
とにかくニキビに関する
勉強をしまくっています。



本や専門誌で
知識を入れたり、


この間は、美容皮膚科医が主催する
肌セミナーに参加して、


どうすれば出来るだけ
肌トラブルがなくなるのかを
実際に美容皮膚科医の話を聞いて、


自分の発信に役立つ学びを
取り入れていました。



ここまでやる人がいないからこそ、
最速で結果を出したのだと思います。



このように実績がなくても、
知識を入れさえすれば
発信できるようになります。



そして、
知識を入れれば入れるほど、
お客さんの悩み解決ができる量も
ちゃんと増えていくので、


それが結果的に価値提供になり、
お金をもらえるようになるのです。



けど、これって実は会社で、
あたりまえのように
やっていることなんですよね。


いま会社で働いている人は
何かしらの商品やサービスを扱って
仕事をしていると思いますが、


会社の商品やサービスって
使ったことありますか?


もしくは持ってたりしますか?


これ結構、当てはまらない人が
多いんじゃないかなと思います。



たとえば、
自社の商品を使ったことがないのに
クライアント先に商品を勧めている
営業マンはたくさんいます。



わたしは以前、
リクルートグループの
人材会社の営業マンとして
働いていました。


人材会社というのは、
就職活動をしている人に
会社を紹介してあげるものです。


けど、求職者の人に
会社を紹介するにあたって、

わたしは自分がその紹介する会社で
一度も働いたことがないのに
平気で紹介をしていました。笑



じゃあ、なぜ自分が
働いたことのない会社を
求職者に紹介ができたかというと、


その会社の人事担当者に
業務内容や会社概要、
職場環境のことなどを
事前に聞いていたからです。


だから、仕事を探している人に
その会社のことを堂々と
紹介ができたのです。


で、また人事担当者には
どんな人が働いてほしいか?
と採用のポイントを聞いていたので、


わたしの会社側で
採用されやすい求職者を選んで
紹介をした結果、
契約を取っていたわけです。



ここに、わたしの
実績も何もないですよね。



このように実は、
多くの人が会社では
同じようなことをやっています。


なのに、個人で発信をするとなると
あたりまえに出来なくなってしまいます。


そこに違いも何もないはずなのに。



そもそも、実績を気にするというのは、
矢印が自分に向いている状態です。




ビジネスはお客さんの悩み解決なので
矢印を向けないといけないのは
お客さんの方です。



「自分には~がない」
「自分は~だから」

と自分を主語にしていても
お客さんの悩みは解決されません。



正しくは、

「お客さんはどう思っているのか?」
「お客さんはどうしてほしいのか?」


と、お客さんを主語にして
考えることです。


こうして考えることで、
はじめて価値提供できる思考になります。



だから、実際に自分のお客さんと
話してみることってことが大事です。



また、お客さんが気にしているのは
発信者の実績ではないんですよね。


お客さんは自分にとっての
悩み解決ができればいいと思ってます。



普段の生活で何かモノを買う時、
その会社がどんな実績を持っているとかって
いちいち確認しないですよね。



大事なのは、

自分の問題解決をしてくれる
商品なのか?

ってところだと思います。


だから、実績なんて関係ないのです。


矢印をお客さんに向けて、
その人たちが求めている情報を
リサーチして知識を入れれば、

お客さんが喜ぶ発信は
誰でもできるということです。


実績がなければ作れば良い



あと、実績はなければ作っていける
という考えも非常に大事です。


たとえば、
何か実績を作りたいと思ったら
クラウドワークスのようなサービスを
利用すれば簡単に作れます。



クラウドワークスとは、

記事を書くライティングの仕事や
動画編集の仕事といったように、

仕事の案件を発注する人と
その仕事を受注したい人を
マッチングさせるサービスです。



たとえば、

このサービスを使って
初心者でも可能な仕事を
探してきます。


・初心者でもOK
・動画編集
・文字入れ、吹き出し入れ
・動画の時間10分
・1000円


↑↑
こんなのような案件を
まず受注しにいきます。


で、発注者にやり方を
教えたもらったり、
自分で動画編集のやり方を
ググりながら仕事をこなします。


そうすることで、
動画編集という実績を
作ることができます。


実績を作ったら
そのまま自分がやってきた過程を
情報発信することができます。



動画編集に興味がある人や
これから動画編集をやりたいけど
初心者だから何もわからない。

という人たちに対して、
自分がやってきた過程を
すべて教えてあげるのです。



・クラウドワークスの登録の仕方
・受注をもらいやすいプロフィールの書き方
・動画編集に自分が使ったソフトやツールの紹介
・自分が経験した仕事が進みやすいようにする工夫
・仕事を納品する過程で指摘をもらったポイント


などなど、
このあたりをブログなどで
発信をします。



これによって、
動画編集に興味がある人や
これから動画編集を仕事として
チャレンジしていきたい人にとって
ちゃんと価値提供となります。


クラウドワークスの会員登録や
動画編集のソフトやツールの
アフィリエイト紹介で
マネタイズをしていくことも可能です。



こういったように最初は労働ですが、
実績がない人でも作れば
良いだけなのです。



本当に、実績がないと発信できないのか?のまとめ



結論としては、
実績がなくても発信できます。


実績なんてものは関係ないです。


もちろん、あればあるに
越したことはないですが、
重要かというとそうではない。



実績があっても、
世の中には微妙な場合もあります。


たとえば、
大学教授の授業って楽しいですか?


専門知識の話ばかりしてて、
全然つまらなくないですか?


けど、大学教授って
実績ありありです。


わたしなら、実績がなくても
勉強を楽しく教えてもらえる人から
教えてもらいたい。


実績があっても、
相手を喜ばせらればきゃ
意味がないのです。



で、情報発信する上で、
実績は必要ありません。


なくても知識を入れていけば
発信するネタはたくさんあります。


自分の発信するテーマの本を
一冊で良いので
読んでみてください。


本の内容を部分、部分で、
まとめて紹介してあげるだけで

本を忙しくて
読めない人にとっては
かなり役に立つ発信です。


本を一冊読めば、
その本を紹介して
マネタイズすることもできます。



また、実績がなければ
作っていけば良いだけです。


クラウドワークスのような
サービスを上手く利用したり、


他にも読者の人と話してみて
その人が何に悩んでいるかを聞く。


で、勉強した知識を使って、
いっしょに悩みを解決してあげる。


そうすれば、
お客様の声だって作れます。


実績は関係ありません。



わたしは、何歳になっても
新しく知識やスキルを
身につけられると思っているし、

現状ないなら学んで
身につければいいじゃん
という考え方です。



人に比べて理解力が良いわけでもなく、
むしろ圧倒的にできないことが多いです。


だから、学ぶことに対しては
時間もお金も惜しみません。



けど、こんなわたしでも
知識を入れていったら、
色んなことを知れるようになって
外に出せることも増えました。


これをくり返してきただけです。


そしたら、実績は後から
ちゃんとついてきました。



実績を気にしていても
お客さんの悩み解決はできません。



自分に矢印を向けるのではなく、
しっかりとお客さんに矢印を向ける。


ないなら入れる。
ないなら作る。


お客さんのためになる行動をして、
発信をして楽しんでいきましょう!

では、今日はこのへんで。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA