私はずっと自分のコンプレックスにもがきまくっていた



こんにちは、ヒカリです。


私のこれまでの人生は、

コンプレックスにもがきまくった人生

でした。



今でこそ、どこでもパソコン一台あれば
会社員時代の10分1の労力で
収益を生み出せるようになりました。


知識も人脈もお金も何もない状態から
ネットを使ってビジネス構築したことで
自分に自信が持てるようになり、
人生を謳歌できるようになりました。



しかし、過去の私は、
人に言える強みが本当に何もなくて、
自信がなく、他人に劣等感ばかり感じていました。


性格、知能、外見、お金、
仕事やスポーツの実力、
コミュニケーション力・・・・

と、挙げたらキリがありません。


人より劣っていることを気にして
承認欲求がどんどん高まり、
20代前半まで生きづらさを感じていました。


けど、20代後半からそれらの
コンプレックスと向き合って克服し、
遅れてきた青春時代を楽しめるようになりました。



友人と平日の昼から飲んだり、
仕事のことを気にせず旅行に行ったり、
一日中スパでリラックスしたり、
バスケやテニスをしたり、
思いつきでレンタカーを借りて
国内の世界遺産を観に行ったり。



過去の私からしたら、
「あんた本当に私なの?」
と思うほど、充実した人生を送れるようになりました。



コンプレックスのせいで
卑屈で超イタかった私
ですが、

どんどん素直になり、
気持ちに余裕が生まれ、
自分の人生に希望を感じられるようになりました。




ではなぜ、こうなったのか?



それは自分の弱さと必死に向き合い、
一つずつ克服していったことが大きな要因です。


人は変われる



今回はこの話をしていきたいと思います。




===================



私のコンプレックスは
ざっくり紹介すると、
こんな感じでした↓↓↓


・仕事できないコンプレックス
要領が悪い、時間管理できない、
事務処理できない、プレゼン下手くそ

残業してるくせに営業数字も取れず、
仕事は全然できなかった。



・頭悪いコンプレックス
人より理解力がなくて、
勉強したこともすぐ忘れる。

何をやっても習得までに時間がかかった。



・趣味なし、興味なしコンプレックス
基本的に何に対しても欲がないから
超つまんない人間だった。

初対面で話すことなかったり、
人前での自己紹介とか死ぬほど嫌だった。


・デブコンプレックス
バスケを15年くらいやってきたから
肩幅がデカくて太っていた。

部活を引退してからは筋肉が
すべて脂肪に変わり10キロ太った。

大学のきゃぴきゃぴ女子と比べると
完全にデブで、サークルの新歓に行くと
男子が周りからスーッといなくなって、
大学に行きたくなくなったw



・人に何でも合わせるコンプレックス
色んなことに劣等感を感じていたから、
せめて周りから外れないように必死だった。

いわゆる八方美人の性格で、
自分の意思や意見を尊重できないから
友達はいたけど親友がいなかった。



・稼げないコンプレックス
転売、ネットワークビジネス、投資など
すべてにおいて稼げなかった。

てか結局、ネット労働者になっていまい、
やっててつまらなかった。

自分は稼ぐセンスがないから
一生無理だと思っていた。



・ニキビコンプレックス
疲れるとすぐに顔にニキビができた。

背中ニキビも全然治らなくて、
水着とか背中を出す服は着れなかった。



・バスケの試合に出れないコンプレックス
小学2年生からバスケをやってきて
それなりに活躍していたから
全国レベルの中学校に入ったら
ベンチメンバーで終わった。

朝練の送迎、食事管理、試合の手伝いなど
全力でサポートしてくれる親の期待に応えられなかった。



・話がつまらないコンプレックス
興味・関心がないから話すネタがない。
自分面白くないわーと自己嫌悪に陥っていた。


とまあ、これらのコンプレックスについて
悩みまくり、向き合いました。


ゆえに、コンプレックスだらけだった私は
自分が嫌いで、自信もかけらもない人間でした。


そのうち自分の欠点に
目が行ってしまうクセがついて、
周りからなんとか認められたい
と思っていました。


けど、私は頭が悪くて、
勉強も出来ませんでした。


授業を聞いてもテスト勉強をしても
体育以外はずっとオール3でした。


周りの友達には、
「勉強してその点数なのー?!笑」
と、よく馬鹿にされました。



そのうちどんどん自分の中で
自己否定感が生まれました。


スポーツでも結果を出せないし、
勉強でも良い点数を取れない。


親の期待を裏切るし、
周りからは馬鹿にされるし、

「私はなんてダメな人間なんだ」

と感じるようになりました。



この自己否定感が強くなると、
自分の良い所ではなく、
悪い所ばかりに目が行きやすくなり、
自信というものは一切ありませんでした。



ちなみに、
よく自己肯定感を高めるために、
自分を認めてあげましょう。とか
自分を許してあげましょう。という
意見がありますが、

抜本的な解決策を考えると
私は違うと思っています。


心理学的に潜在意識レベルで
脳を変えるということも学びましたが、

自信がない人は潜在意識に
過去の失敗データが蓄積されているので、

意識的に自分を認めてあげたり、
リフレーミングなどのように
物事のとらえ方を変えるというのは
もちろんやらないよりマシですが、
所詮は小手先の解決策でしか無いのでは?
と思います。


本当の自己改革とは、
小さな成功体験を積み上げて、
「私なら出来る」と確信を持てるまで
脳内に蓄積された失敗データを
成功データで上書きすることでしか、
成し得ない
のではないかと思います。



話を戻して、
私は高校の推薦枠を使って大学に進学し、
そこから自己改革していきました。


部活ではなく、サークルに入って
バスケの実力でちょっと目立ったり、
バイトしてお金をコツコツ貯めて
ニキビを治すために病院やエステに行ったり。


色々やって分かったのは、
外見的な悩みというのは
お金と少しの努力があれば、
割とすぐ解消されるということです。


“デブコンプ”は食事の時に
必ず味噌汁から食べるシステムにして、
あとは曲に合わせてダンスしながら
痩せられるっていうDVDを買って
やってたら12キロ痩せました。


ニキビは皮膚科でビタミン剤飲んだり、
背中ニキビもエステに行ったら
自然になくなっていきました。


見た目の変化にうれしくなって
脱毛サロンにも通うようになり、
だんだんとコンプレックスを克服していきました。



しかし、
外見以外の悩みというのは
長年染みついたものなので、


頭が悪いとか、話がつまらないとか
性格的なものとかは変わりませんでした。



というか、解決策もわかりませんでした。


なので、会社員になっても、
無理して体育会系キャラを出そうとして
どんだけ人に合わせてんだよーと
自己嫌悪になったり、

頭が悪い上に要領が悪いから
周りの優秀な同期たちに劣等感を感じていました。



で、ブログやメルマガに書いていますが、
ビジネスを始めたことがきっかけで
私の人生は一気に好転していきました。


お金持ちの起業家たちの世界は
別世界ですごく魅力的でした。



お金と時間、両方の自由があって、
美味しいものを食べたり、旅行したり、
付き合う人は自分で決めれて、
やりたいことだけに時間を使える。

好きなことに好きなだけお金使って、
そこで得た情報で、さらにお金持ちになっていく。


仕事も楽しそうで活き活きしてて、
お客さんに感謝されまくって
そのお客さんも良い人生に向かっている。


自分の力でお金を稼ぎ、
自信に満ち溢れていて、
要は人生最強に楽しそうでした。


会社にいる理不尽な上司とは、
そりゃもう、全然ちがいました。


大人が少年少女のように
活き活きしてる環境は憧れました。



私もこの世界に行きたい。

変わりたい!




そして、私は一歩を踏み出しました。


圧倒的に信頼できる経営者に師事して、
ビジネスの知識、成功者の思考回路を
徹底的に学びました。


トイレとお風呂以外の時間は、
音声聞いて、アウトプットして、
また音声聞いて、アウトプットして。


そしたら一ヶ月後に5万円の利益が出て、
どんどん出来ることが増えていって、
自分に自信が持てるようになり、
会社で雇われなくても生活ができるようになりました。


半年後には、完全に自動収益化したり、
会社員の人たちのビジネス支援したり、
億越えの起業家と出会ったり、
年収20億を目指す経営者と会員制バーで
美味しいフレンチ料理を食べれるようになりました。


どんどん出来ることが増えていって、
私の蓄積されていた失敗データは
成功データで上書きされました。



そして、自分に自信を持てるようになりました。



自分より何十倍も稼ぐ人と
対等に話すことが出来るようになったり、

読者さんとスカイプした時に、
「話せるなんて夢みたいです!」
と言われるようになりました。


(こんな有難いお言葉をもらえるなんて、
すごく、じーんと感動しました。)


アメリカ、バリ、マカオとか
大好きな海外旅行をしまくったり、

今まで私を育てて応援してくれた
両親を沖縄に連れて行ってあげたり、

昔、憧れていた世界を
少しは体現することができるようになりました。



よく勘違いされますが、
私は人よりセンスがないから
ビジネスを始めたんだと思います。




自分にセンスがあったら、
会社でバリバリと仕事をこなし、
営業成績をとって出世して、
せっかく入ったリクルートグループを
辞めなかったと思います。


要領が悪い。

時間管理が出来ない。

事務処理も出来ない。


優秀な同期たちを見て、
いつも劣等感を感じていました。


でも、だからこそ、
会社を辞めて起業をする時、
今まで逃げてきた自分の弱みと
真剣に向き合いました。


そして知識を学び、思考を鍛え、
行動に移しました。



起業するということは、
全ての出来事の責任は全て自分にあり、
会社のせいにも上司のせいにも出来ません。


もちろん、起業していなくても、
人のせいにすべきではないです。

どんなに給料が低くても、
会社の人間関係が嫌でも、

それを選んだのは自分ですし、
それを続ける選択をしているのも
自分だからです。


コンプレックスだらけの
自分が嫌なのであれば、
ほんの少しずつでも良いです。


自分と向き合って、解消していけば、
今より確実に人生は良くなります。



余談ですが、
私のYouTube動画の一発目は
超きもち悪かったです。笑


「あー」「えー」とかが多すぎて、
おどおど感もヤバくて
自分でヒクくらい声が高かったw


録画した音声を自分で聞くのが
本気に嫌になるくらい
しゃべれなさにドン引きでした。



けど、師匠に「とにかくやれ」を
言われ続けたので従いました。

てか拒否権はないルールだったので
動画を撮り続けました。笑


そうすると3本目ぐらいになってくると
変化に気づきました。


“あれ?1本目より良くなっているかも?”


で、また撮っては練習しました。


「あー」「えー」を言いたくなったら
ぐっと。こらえて我慢する。


チンタラしゃべっていると眠くなるから
少しだけスピード上げて話してみよ


ここは分かりやすくするために
具体例を入れてみよう。


動画を撮ることをくり返していったら、
どんどん言葉が自然に出るようになり
話せるようになりました。


昔はあんなにコンプレックスで
人前で話すのが嫌いだったのに
しゃべりが良くなってきました。


動画のネタを日常から
アンテナ張って探してくる。


しゃべってアウトプットする。


これをくり返していくうちに、
脳に知識が定着して、
話のネタも増えていきました。


ビジネスのおかげで、
私は自分の成長を高めることが
大好きになりました。



自分の成長を高めると
自分に直接リターンが返ってきます。




たまに強制的に、
やらざるを得ない状況に
自らすることもあります。


「いつまでに〇本コンテンツ作ります!」

「もし出来なければ罰金5万振り込みます!」


と勝手に先輩経営者にコミットしたり。


言ったからにはやるしかなくなるし、
自分で言って罰金するなんてことは
絶対にしたくないので本気になります。


で、達成すると、
安堵とともに達成感を味わいます。


よっしゃあああああ!クリアしたぞ!
やり切ったぞ!!!!!!!!


コミットした前より、
明らかに進化したと感じる瞬間です。



このように、ビジネスにより自信がつき、
自信がついたことで挑戦できるようになり、
苦手だったことや出来なかったことが
信じられない速さで出来るようになり、
私の人生は驚くほど良くなりました。


ほんと、別人です。笑

別人になるってめちゃくちゃ楽しいです。



ネットだから良かった部分は大きいです。


一人でパソコンに向かって
おどおどしながら動画を撮って、

「うわ、全然しゃべれてない」

と思いながらも練習をコソコソ出来ました。


記事やメルマガを書く時も、
ひとまず書いてみて、

「あーーーーなんだこれw」

と自分のしょぼさに絶望しつつも、
知識をつけて学びながら修正できました。



ネットなら失うものがないので、
いくらでも失敗できます。



ネットという環境でコソコソ一人で
訓練できたのがよかったです。


ネットだと小さな成功体験だけじゃなく、
大きな成功体験も得やすいです。


その結果、新たな挑戦が出来て、
どんどん自分のレベルが上がって、
それによってレベルの高い仲間とも
出会えるようになるので刺激をもらって、
「自分も負けてらんない!」と思えるようになります。


昔はいろんな人に劣等感を感じて、
すごい人を見ても
卑屈になるだけでしたが、今は、


同じ人間なんだから自分もイケる!

昔ダメ過ぎ人間だったから、
むしろ伸び代しかないわ!



と思えるようになりました。



私は人より劣っていたために、
人より遠回りしました。


お金も時間も労力もかかりました。


けど、遠回りしたからこそ、
学んで理解できる喜びや
人と関わる楽しさなど、
人生の大切な思い出が増えました。


この経験は私にとって最高の財産です。



この記事をとおして、

自分と真剣に向き合い、
本気で変わりたいと決意し、
行動する勇気が出る人が
一人でもいたら嬉しいなと思います。



本気で変えたいと思い、
行動した人の人生が報われる世の中


これが私の目指す世界です。


互いに尊重し合い、
自分と周りの人生の充実度を上げることが出来れば、
今よりもっと世の中は良くなります。


それが実現できるように、
私はこれからも情報発信をしていきます。




ということで、今回はこのへんで。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA