YouTube動画を1週間で40本アップしたら進化しまくった話



こんにちは、ヒカリです。


先日、自分の限界を突破するために


「1週間で40本の動画をアップする」


というチャレンジをしました。



結論から言うと、


この限界突破チャレンジを
やったことによって、


わたしの最大の敵であった
完璧主義を克服することができ、
自分に自信がめちゃくちゃつきました。




たった1週間で、
コンテンツを作る速さが
10倍も上がったので
自分でも驚くべき進化です。



今回の記事では、
1週間で40本の動画を
アップしたことによって
得られた学びがまじで大きかったので、
わたしの備忘録として残しておきます。




YouTube動画を1週間で40本アップした経緯|年収3000万を稼ぐ成功者の基準値




まず、なぜ今回わたしが
この限界突破チャレンジを
実施しようとかと思ったかというと、

ある経営者さんとの会話がきっかけです。



この人は年収3000万近く稼ぐ
マーケティングのプロで、
普段から仲良くさせてもらっている
経営者のMさんです。



ある日、わたしがMさんと
ビジネスの話をしていた時に、
こんな話になりました。



Mさん:

「実は僕ね、数年前まで
 人と話すことが 本当に苦手で、
 女性と話すとか無理だったんです(笑)


 けど、動画を撮る練習をしてから
  話すことに自信がついて、
 コミュ障を克服したんだよね。




わたし:

「えっ。Mさんがですか?!!!!」


Mさんは普段かなり流暢に話す人だし、
YouTubeの登録者も1000人以上いて
多くの人を魅了させている方なので、
コミュ障だったなんて信じられませんでした。



で、そんなMさんの話を聞いていたら、

「わたしも話すことにもっと慣れたい!」

と思い、こう宣言しました。




わたし:

「今コンテンツを増やしたいと
 思っていたところだったので、
 今月、動画40本アップします!



すると、Mさんは、、、、


「いいね!」


 
「けど、1ヶ月で40本って、しょぼくないですか?笑」


わたし:

「・・・・・・・・・・。」




これまでわたしは動画をいくつか
アップをしたことがありましたが、

1日どんなに頑張っても
1本しか撮ったことがなかったので、

1ヶ月に40本という数は
わたしなりに結構高い目標を
宣言したつもりでした。



なので、


“ ほえ・・・?1ヶ月40本ってしょぼいの? ”


と思っていました。

こんなわたしの心情をお構いなしに
大先輩のMさんは続けてこう言いました。



Mさん:

「1週間で40本やりましょう!」




わたし:

「・・・・・。
 いっいっいっしゅうかああああーーん?

 え?1週間で、ですか?」



Mさん:

「はい、1週間です。余裕すよ。



この時は、
まじで意味が分かりませんでしたw



だって、1日頑張っても1本しか
アップできなかった人間が、
1週間で40本の動画を撮るのです。


完全に血迷ってますw


1週間に40本の動画を
アップするということは、


【動画40本÷7日=5.7】

1日に動画をアップする数は6本です。

ちょ、ちょ、、、
この人何を言ってるんだろ(笑)

1日1本だったのに1日6本?
1日1本が1日6本?????



これが私の脳内をグルグルしていましたw



けど、Mさんはすでに
大きな成果を出している方なので、
ここで逃げてはダメだと思いました。



そして、わたしは、


「わ、わかりました!
 1週間で40本やります!

 正直、自分に出来るか不安で怖いです。

  けど、やります!!!!!


と宣言をしました。


Mさん:

「余裕で出来ますよ。
 基準値上げていきましょ。」




この時、わたしは自分とMさんの
基準値の差に気づきました。



“そっかあー。
成功しているMさんにとっては、
これがあたりまえに出来るレベルなんだ。


わたしが見ている世界と
この人が見ている世界はちがうんだ。




わたしもこの人と同じ基準値になりたい!




こんな経緯があって、

「YouTube動画を1週間で40本アップする」

という、わたしの限界突破チャレンジが
はじまりました。



7日間の限界突破チャレンジのはじまり~女の悔し涙と底力~




大事なスタートを切る1日目。



1週間で40本の動画をアップするには、
1日6本の動画を撮る必要があり、


この1日の目標を達成できなければ、
次の日以降がどんどん苦しくなります。



「よし!まずは6本!絶対クリアしよう!」



まず、目標をクリアするためには、
ゴールから逆算して計画をしました。

自分が1日に使える時間を算出して、
6本達成をゴールにタイムスケジュールを組みました。


動画で話す時間は
長くても15分だとして、

15分✖6本=90分(1時間半)



それ以外に、
動画のネタを探す時間や
内容をまとめたり、

構成する時間もざっくりと考えて、
すぐに動画制作をスタートしました。



「なんだか、意外にいけそうな気がするうううううう!」

人間やらないとやる気は出ないですが、
やっていくうちにやる気は出てくるものです。


最初ビビっていたわたしでしたが、
スケジュールを組んだらやる気になりました(笑)



「よおおおおおおおし!撮るぞ~!」



で、1日目の結果は
どうだったかというと・・・



なんと4本しかアップできませんでした。




ガーーーーーンm(_ _)m




初日から掲げていた目標を
あっさり下回ったわたしは、
そりゃもう、げんなりしました。



達成できなかった理由は、
自分で明確にわかっていました。



それは、撮り直しをしたからです。



自分の弱さである完璧主義が発動して、
変な言い回しになったり、
噛んでしまった時に嫌な感じが残り、
撮り直しをしてしまっていました。



1日目の結果と反省点を
Mさんにメッセージで伝えると、


「それじゃダメだね。
 撮り直しなしでいかないと
 目標達成できないよ。



と言われました。



わたし:

「完璧主義ダメですね。直していきます!」

Mさんに、
「自分の弱さを克服します!」
と宣言して2日目に続きます。



しかし、
2日目もわたしは4本しか
動画をアップできませんでした。。。



情報収集に時間がかかってしまったり、
撮り直しをしないという
約束を守れませんでした。。。



(あー、やっぱり自分に6本なんて無理なのかも。)


わたしには目の前の越える壁が大きすぎて
こんな弱さが出てきました。



で、2日目も同じように、
Mさんに報告をしました。。。




すると、Mさんは、

「それじゃ意味ないです。

 撮り直ししない縛りは
 絶対に破ったらダメです。


 今回の限界突破チャレンジは
 完璧主義突破の訓練でもあるんだから、
 
 その縛りを破ったら
 訓練の意味がないです。


 やるって決めたんだから、
 何としてでも40本達成させないと。


と指摘をもらいました。



成果を出しているMさんにとって、
この挑戦なんてどうでも良いはずなのに、
わたしを変えるために厳しく言ってもらい
感謝しかありませんでした。



とは、いえ、
わたしはめちゃくちゃ悔しいのです。



昨日、撮り直しはダメだよと
言われたにも関わらず、

また完璧主義が発動したせいで
6本の目標を達成できなかった
自分がすごく悔しかったです。



Mさんとのメッセージの
やり取りを見ながら、
悔しさのあまり、もう半泣きでした。


(いやね、ほんとガチガチの戦いだったんです。笑)



Mさんから指摘をもらったわたしは、
肝心なことを忘れていました。



“ とりあえず40本の動画を
 アップすることに 必死だったけど、

 撮り直しをしまくって
 1週間に40本 動画を撮ったところで、
 自分にとっての限界突破には
 ならないんだ。




Mさんとのやり取りで
自分の弱さと改めて向き合い、
自分にとって越えるべき壁を
再認識したのでした。



しかし、


ここでMさんから思いもよらぬ
容赦のない縛りプレイをされました。



Mさん:

「明日から撮り直ししたら
 罰金5万にしましょう。」



さっきまで悔しくて
半泣きだったわたしでしたが、
この言葉で一瞬にして切り変わりました。


“ 5万??!!!そんなの絶対いやだ!”



単純ですが、
お金の力はやっぱり大きいです。


人間、損失を最も恐れるので
これはかなり効きました(笑)



と、まあこんな感じで
2日目が終わりました。




3日目。


この日は2日目の反省を踏まえて、
撮り直し一切なしで
5本アップしました。



まだまだ目標は下回っていましたが、
撮り直しを一度もしないで
5本の動画を撮ってアップしたことが
自分では信じられませんでした。



小さな成功体験をつかんだ瞬間でした。



まだまだ情報収集することや
内容をまとめるのに
時間がかかってしまうけど、
わたしにとって最大の殻を破ったのでした。



3日目も、ちょっと嬉しさも込めて
Mさんに報告をすると、


「僕は今日7本撮ってますよ☆」


と返ってきました(笑)


この言葉に完全にわたしの
炎のスイッチが入りました。。。


3日目に完璧主義を取っ払って
1日5本の動画をアップしたわたしは、


その後、


4日目は6本、

5日目は7本、


と、女の底力を発揮しました。笑




意識していたことは、

「必ず昨日の自分を超える」

ということです。



そのために、
普段の生活の中で一日中、
動画のことを考えていました。


移動中や家事をやっている時は、
YouTubeの音声動画を聞きながら
ネタを死ぬ気で探しまくり、


その他の時間では、
頭の中で話の構成を作っていました。



それでも昨日より
動画を撮る数が少なければ、

時計の針が24時をまわっても
動画を撮ってから
その日を終えていました。



明らかに
自分が成長している感がやばくて、
どんどん自分に自信がついていきました。



1日7本撮れてるじゃんっっっ!

 
まだまだ要領悪いけど、7本って、
Mさんが1日に撮ったって言ってた数だ。


つい2日前までは
ハードルがまじで高いと思っていた
7本を超えられたことが
めちゃくちゃ嬉しかったです。



あと2日で13本だ。



このペースならいける!!!



「よおおおおおおおし!明日は8本だ!」




しかし、次の日、
わたしは完全に諦めようとしました。




6日目はまさかの3本しか
動画をアップできなかったのです。



理由は急な予定が入ってしまい、
動画を撮る時間を
そもそも取れなかったためです。



せっかく良いペースできて、
撮り直しも一切しないで
撮れるようになったのに、、、。



時間がまったく取れなければ、
そりゃ無理だ。


ああああー、
最終日10本撮らなきゃいけないって、
どうゆうことさっっっ。


しかも、明日歯医者あるし、
また時間取れないじゃん(泣)




最終日を迎える前日、
出来ない言い訳がどんどん出てきて
わたしは完全に逃げたくなりました。




“ Mさんに、

「明日は歯医者があって、
 時間がぜんぜん取れないで
 1日伸ばさせてください。」

 って言えば、許してくれるかな?”



出来ない言い訳を通そうと、
本気でこれを考えていました。


んー、言おうかな、どうしよう。

けど、これで本当にいいのかな?


1日伸ばして達成できたところで、
それって限界突破になるのかな?



逃げたい気持ちと
逃げたくない気持ちが
ぶつかり合っていました。



けど、これまで一歩ずつ成長してきた
過程を振り返った結果、決心しました。




「最終日10本撮ろう!」





そして、いよいよ、

1週間で40本の動画をアップする
限界突破チャレンジの最終日が
やってきます。



残り10本。



その日は土曜日で、
午前中が終わり、撮れたのは2本でした。


スケジュールがズレまくり、
ここでまた諦めようとしまう。



くそおおおおおおおおおおおお。



14:00に歯医者があるため、
家を出る準備をします。



歯を磨く時も、着替える時も、
化粧をする時も、ドライヤーする時も、


ずっっっっと思考し続けています。


で、歯医者での待ち時間で、
ネタを8個作ります。


16:00、歯医者が終わり、
家に帰宅すると17:00です。

ここからあと8本。

“ やばいな~~!
 こっから8本か~いっ!”



もう、これは本当に笑ってしまうほど、
自分にとってめちゃくちゃ高い目標で
テンションがおかしくなりました(笑)



だって、
まだ1日に8本を超えたことがないのに
半日もない時間で超えようとしているんです(笑)



むっちゃくっちゃ限界突破チャレンジです。




けど、2日目に完璧主義が取れなくて
悔しい思いをして半泣きになった
自分を思い返すとやらざるを得ませんでした。



ここで諦めたら絶対にダメだああああ!


絶対にやり切る!




そして、17:00~24:00の間で
動画を撮りまくります。



ご飯の支度や食べる時間もあるので
動画に充てる時間は
ほぼなかったのですが、
最終日の底力が出て5本撮りました。



あと、3本!あと3本!




そして、
結果的に深夜3時に3本を撮り終え、
動画40本アップを達成したのでした。



やったああああああああああーーー!

40本やり切った!!!


てか10本ってやばくない?w


人間の底力やば(笑)



精神もカラダもぐったりしていましたが、
諦めないでやって達成できて
本当に本当に嬉しかったです。



深夜に27歳の良い歳した女子が
ヒトリでこんなことを言って、
部屋でバンザイして喜んでました(笑)



そして次の日、
Mさんに達成したことを伝えると、


「おめでとう!やれば出来るでしょ。」


と言ってもらい、
自分の限界を突破できたことに
めちゃくちゃ自信を得られました。




1週間前は、
1日1本しか動画を撮れなかった自分が、


1週間後には、
1日10本の動画を撮れたので、
10倍の成長です。


基準値を上げてやっていくことが
これほどまでに自分を成長させるとは
思ってもいませんでした。



1週間で40本のYouTube動画をアップして得られた学び




今回の限界突破チャレンジで得た学びは、


「完璧さを求めて作っていくよりも、
 下手でもいいから出しまくる方が
 結果的に得られるものがデカい!


ということです。


以前までのわたしは、

動画を撮るのにしても
記事を作るのにしても

完璧なものを作ろうとしていました。



けど、これの何がダメかって、
成長を自ら止めてしまいます。


完璧なものを作ろうとすると


「これでいいかな?」
「ここ、もう少し直した方がいいかな。」


と、一つのコンテンツを作る時間よりも、
修正する方に時間をかけてしまいます。


だから、結果的に作業がまったく進まず、
時間だけが過ぎるという状態になります。



けど、
これだと作業することに慣れていかず、
出来ない自分にどんどん心が折れて
自信を失ってしまいます。




そもそも、
上手い人とは何か?というと
「慣れているだけ」です。



文章を書くのが上手い人も
しゃべりが上手い人も
圧倒的な練習量をこなしています。



で、何でもやりまくっていったら
嫌でも慣れていきます。



九九の計算を言えるのも、
自転車に乗れるのも、


自分が今できていることはすべて
数をこなしてきたはずです。


で、ここで大事なのは、

九九が言えるようになったから
自信がついたのではなくて、


練習をこなしていく過程で
自信がついていったということです。




わたしの今回のチャレンジのように、
はじめはやれる自信なんてゼロです。


それでも下手でもいいから
外に出していきました。

完璧さを捨てて、恥を捨てて、
自分の殻を破って、


とにかく出す出す出す出す出すーーーー!


これをくり返しました。



そうすると嫌でも
動画を撮っていく過程で、


情報収集する力
話の構成を考える力
しゃべる力

これらがついていき、
大きな自信になりました。



そして、インプットした情報を
すぐ言語化してアウトプットするので
知識もかなりつきました。



なので、


下手でもいいからとにかく出す。
数をこなしていけば、

慣れていって上達する。


シンプルだけど、
これがすごい大事だなって感じました。



で、コンテンツを作るのに慣れたら
時間が生まれました。



1ヶ月かけて
やろうとしていたことが、
1週間で終わったのです(笑)



3週間を他の時間に充てられるって
これ、かなり大きいです。



この生まれた時間によって、
また同じ生産力で
コンテンツを増やしていく。


資産がどんどん溜まっていく。

自信もどんどんついていく。



YouTubeのチャンネル登録者数も
この1週間でなんと7名増えました。


これも、めちゃくちゃ嬉しかったです。


わたしに興味を持ってくれた方が
ブログを見にきてくださって、

ブログの訪問者数の50%以上が
YouTubeからというデータも出ました。


得られたものが大きすぎて、
本当にやって良かったと思いました。




ブログの記事を書くのだって
とにかく外に出し続ければ、
どうせ1ヶ月後にはレベルアップします。



で、下手くそな記事なんて
上達したらあとでいくらでも直せます。



動画もあとでいくらでも消せるし、
撮り直せばいいだけです。




限界突破チャレンジの名のとおり、
自分の限界を自分で決めつけていては
限界は超えられないままです。



今回、この経験をとおして、


基準値を上げて、
下手でもいいから行動していけば
何でも出来るんだ。



と自信になりました。


1週間で40本アップした動画は、
こちらからチェックできます。



これからもわたしは完璧さなんて捨てて、
どんどん生産力を上げて、
面白いコンテンツを作っていきます!



完璧さが取れなくて進まないって人は、
わたしのメルマガの返信などで
勝手に宣言してもらって構わないです。



わたしがあらゆるところで、
出来なったら罰金5万円制度を
おすすめしているせいか、


時々、メルマガ読者さんで、

「今週10記事アップします!
 できなかったら5万振り込みます!」

と宣言メールしてくれる方もいます。



本気で自分を高めようとしている人は、
まじでかっこいいなと思います。


やる気がある方を見て、
その度にわたしも燃えてますっ!笑



下手でもいいから、
とにかく出す!




びっくりするくらい変われるので
ぜひやってみてください。




では、今回はこのへんで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA